SSL証明書を安価で発行したい!

SSLサーバ証明書を発行しましょう。 - SSLサーバ証明書の有効期間について

SSLサーバ証明書の有効期間について

SSLサーバ証明書は、サイトシールにも概要が表示されているように、有効期間と言うものがあります。
1度発行してもらうと無限に使用できるような印象を持ってしまいがちですが、実際のところは、有効期間があるのです。
SSLサーバ証明書の有効期間とは一体どのくらいの期間なのでしょうか。
■SSLサーバ証明書の有効期間について
SSLサーバ証明書は発行してもらうと必ず有効期間が設定される仕組みになっています。
それはSSLサーバ証明書を購入する際の設定との関係が深く、例えば購入時に1年間の有効期間を指定した場合には、有効期間は1年間となり、その期間を過ぎた場合に同じSSLサーバ証明書を更新しなければ、ウェブブラウザ側で期限切れ等のエラーを表示するようになるのです。
有効期間の単位は1年間毎の方が多いようですが、中には半年間や1か月単位で購入する事が出来るSSLサーバ証明書もあるようです。
通常なら有効期間を長く設定していた方が単位期間あたりの料金は割安になる傾向が強く、短期間の場合には割高になる傾向があると言われています。
ですが、例えば、キャンペーンサイト等を作る場合には、短期間で運用が終了してしまうので、1か月単位で購入できるタイプの物を選ぶようにすると効率的だと思います。
このようにSSLサーバ証明書には有効期間があります。
また、期間を選ぶ、設定する事も出来るので、自分が運営するウェブサイトの内容によって選択するようにして、なるべく無駄にならないようにすると良いと思います。

関連する記事

Copyright(C)2016 SSL証明書を安価で発行したい! All Rights Reserved.